自主保全士の情報サイト自主保全士の情報サイト

自主保全士の情報サイト自主保全士の情報サイト

当サイトは、自主保全士の資格取得に関する情報を集めた、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が運営するサイトです。
自主保全士の意義や資格取得のメリット、資格取得方法などをご紹介しています。

自主保全士とは、生産現場の設備に関する知識を持ったオペレーターを対象とした資格です。
設備に関して、日常点検や部品交換、異常の早期発見・修理など、オペレーターとして必要な知識と技能を認定します。設備の自動化・ロボット化が進む中、需要が期待される資格です。

企業において、この資格取得をオペレーターの能力評価のひとつとすることで、従業員の技能・技術のレベルアップを図ることができ、企業競争力の強化につながります。

自主保全士について詳しくはこちら自主保全士について詳しくはこちら

資格取得方法資格取得方法

自主保全士の資格は、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が実施する検定試験に合格するか、通信教育の所定のカリキュラムを修了することにより与えられます。

検定試験について詳しくはこちら検定試験について詳しくはこちら

通信教育について詳しくはこちら通信教育について詳しくはこちら

これまでの実績これまでの実績

当資格は幅広い業種で認められ、これまでに100,000名以上の自主保全士が誕生しています(2014年1月現在)。自社の活性化や体質改善などのため、さまざまな企業が資格取得に取り組まれています。

導入企業の声はこちら導入企業の声はこちら

受験の準備受験の準備

検定試験の準備として、受験準備講座をご用意しています。また、(株)日本能率協会マネジメントセンターから参考書が発売されています。

受験準備講座について詳しくはこちら受験準備講座について詳しくはこちら

受験参考書について詳しくはこちら受験参考書について詳しくはこちら

疑問・質問疑問・質問

自主保全士の資格取得に関して、ご不明な点があれば、「よくあるQ&A」をご覧ください。それでも解決しない場合は、自主保全士事務局までお問合せください。

よくあるQ&AはこちらよくあるQ&Aはこちら

お問合せはこちらお問合せはこちら

  • 初めての方へ
  • 初めての方へ

初めての方へ

よくあるQ&A

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会

自主保全機能検定を知る

関連サイト

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会