通信教育に関するご質問

申込みについて

申込みの締め切りはいつですか?

開講(通信教育のスタート)を希望する月の前月の12日が締め切り日です。
締め切り日以降でも申込みはお受けしますが、その場合、開講日前までに教材がお手元に届かない可能性がありますので、ご了承ください。

会員登録されているかわかりません。教えてもらえませんか?

こちらのページにてご確認ください。

請求書と教材はいつごろ送られますか?

通信教育教材:原則として開講月の前月末までに送付いたします。
請求書:開講月の中旬ごろ、申込み責任者あてに送付いたします。

レポート添削について

添削のレポートは、同時に複数の回の分を送っても大丈夫ですか?

添削のレポートは、必ずしも1回分ずつ、単位の順番に提出する必要はありません。

合格点に満たない場合に再提出ができるとありますが、再提出は何度でもできるのですか?

在籍期間内であれば合格するまで何度でも再提出することができます。

解答用紙に貼る受講番号シール(バーコードシール)をなくしてしまいました(足りなくなってしまいました)。もう一度送ってもらえませんか?

バーコードシール欄に「受講番号」を明記して郵送してください。

教材が届いてすぐに5単位すべてのレポートを提出して合格しましたが、修了証が届きません。いつ発送されますか?

開講3ヶ月経過後に発送いたします。

テキストの内容、レポート問題について質問したいときはどうしたらいいですか?

学習の手引きにあります質問票に記入してお送りください。

認定試験

認定試験はどこかの会場に行って受験するのですか?

認定試験は、団体(企業)申込みの場合は、原則として企業担当者に、個人申込みの方にはご自宅へお送りしますので、指定の期限までにご回答いただきご返送ください。
回答期限を過ぎた場合には不合格となりますので、ご注意ください。

認定試験が不合格だった場合、再試験(追試験)は受けられますか?

認定試験が不合格だった場合は、1回だけ追試験を受けることができます。
日程等は、個別にご案内いたします。

受講期間・在籍期間について

受講期間と在籍期間の違いはなんですか?

受講期間:標準的な学習期間として5ヵ月間としています。
在籍期間:標準的な学習時間に猶予期間を含み、当コースでは8ヵ月間としています。

在籍期間内に認定試験に合格しないと自主保全士に認定されないのですか?

在籍期間は、あくまでも添削指導の期間として設定されています。
認定試験は、添削指導の修了後、1年以内であれば受験できます。(ただし、認定試験と追試験を合わせて最大2回まで)

在籍期間の延長・再受講について

在籍期間の延長はできますか?

やむを得ない事情(罹病や災害など)により、在籍期間内に添削指導が修了しなかった場合で、在籍期間終了後6カ月以内の申込みで1回に限り、最長6カ月間の延長が可能です。
団体申請の場合は必ず申込み責任者様から通信教育受付センターまでご連絡ください。

受講したが在籍期間内に添削指導が修了しなかったので再受講できますか?

再受講は可能です。ただし、過去の実績(レポートの修了実績など)を引き継ぐことはできません。
申込み受付期間は、在籍期間終了後1年以内で、再受講制度の利用は1回に限ります。
受講申込みのページから申込書をダウンロードして、備考欄に「再受講」「旧受講番号」「受講者氏名」をご記入の上、お送りください。
費用は特別受講料の半額(1級:14,580円、2級:11,880円:税込)です。

テキストの購入について

コースで使用するテキストを購入したいのですが?

コース受講者様がテキストを紛失した場合に限り、1冊2,160円(税込)(5冊で10,800円)で販売いたします。
コース受講者様以外の方への販売はしておりません。