自主保全士
とは

自主保全に必要な「4つの能力」と「5つの知識・技能」(試験科目)

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会では、製造オペレーターに求められる知識と技能について、製造部門が受け持つ保全の一部の機能や管理技術を客観的に評価するための尺度を定め、「検定試験」および「通信教育」を通じて、「自主保全士」を認定しています。
具体的には下記の4つの能力、ならびにそれを支え、かつ補完するものとして5つの知識・技能を兼ね備えた者を“設備に強いオペレーター”であると認め、「自主保全士」として認定しています。

自主保全に関する「4つの能力」

異常発見能力

異常を異常として見る目を持っていること

異常発見能力

処置・回復能力

異常に対して正しい処置が迅速にできること

処置・回復能力

条件設定能力

正常や異常の判定基準を定量的に決められること

条件設定能力

維持管理能力

決めたルールをきちんと守れること

維持管理能力

現場管理に関する「5つの知識・技能」

  1. 1. 生産の基本
  2. 2. 設備の日常保全(自主保全全般)
  3. 3. 効率化の考え方とロスの捉え方
  4. 4. 改善・解析の知識
  5. 5. 設備保全の基礎

5つの知識・技能について、自主保全士では「試験科目」として設定しています。

試験科目 項目 試験科目 項目
1.生産の基本 安全衛生 3.効率化の考え方と
  
ロスの捉え方
TPMの基礎知識
5S ロスの考え方
品質 設備総合効率・プラント総合効率
工程管理 故障ゼロの考え方
職場のモラール 保全方式
教育訓練 4.改善・解析の知識 改善・解析手法
労務管理
環境管理
2.設備の日常保全 自主保全の基礎知識 5.設備保全の基礎 締結部品
自主保全活動支援ツール 潤滑
初期清掃 空圧
事前準備(モデルライン活動) 油圧
発生源・困難個所対策 駆動・伝達
自主保全仮基準書の作成 総点検 電気
自主点検 測定機器
標準化 改善作業に使用する機器・材料
自主管理の徹底 図面の見方
試験科目 項目
1.生産の基本 安全衛生
5S
品質
工程管理
職場のモラール
教育訓練
労務管理
環境管理
2.設備の日常保全 自主保全の基礎知識
自主保全活動支援ツール
初期清掃
事前準備(モデルライン活動)
発生源・困難個所対策
自主保全仮基準書の作成 総点検
自主点検
標準化
自主管理の徹底
3.効率化の考え方と
  
ロスの捉え方
TPMの基礎知識
ロスの考え方
設備総合効率・プラント総合効率
故障ゼロの考え方
保全方式
4.改善・解析の知識 改善・解析手法
5.設備保全の基礎 締結部品
潤滑
空圧
油圧
駆動・伝達
電気
測定機器
改善作業に使用する機器・材料
図面の見方

自主保全士に求められる役割と能力

自主保全士は、知識・技能によって1級と2級にレベルに分けて認定されます。1級と2級の想定される役割と求められる能力は、下記のとおりです。

等級 役割と求められる能力
1級 職場チーム(小集団)における中心的、リーダー的な存在となり、自主保全を展開する上での計画・立案と実践指導ができる
2級 製造(生産)に関わる部門の一員として、自身の業務に従事しながら、自らが関わる設備や工程・作業について自主保全を実践できる

自主保全士取得のメリット

第三者による公平な評価

第三者による
公平な評価

  • 試験による評価で公平な結果を得られる
  • 知識の正確な確認が可能

企業の競争力強化

企業の
競争力強化

  • 故障・品質不良の早期発見・処置
  • 潜在欠陥の抽出・復元
  • ロス発生の削減と未然防止

オペレーターのレベルアップ

オペレーターの
レベルアップ

  • 知識、技能の向上
  • 資格取得によるモチベーションアップ
  • オペレーターのレベルアップによる保全員の業務の高度化

自主保全士 [基本ガイド]

自主保全士は、2001年に創設されて以来、多くの企業において人材育成の一環として広く受入れられ、検定試験受験者と通信教育受講者ともに多くの方にご利用・評価をいただいております。(受験者数と受講者数の累計は「データでみる自主保全士」へ
今後さらに多くの企業の方々に、人材育成や技能評価の一助としてこの認定制度を活用していただけるよう、検定試験や通信教育の基礎となる基本理念や制度運用上の基準をまとめた「自主保全士基本ガイド」を作成しております。

マンガでわかる自主保全士

タイトル :
『教えられた!!設備の真の美しさ』

各社で必ず取り組んでいる5S活動での内容です。
見た目のきれいさも大事ですがオペレーター1人ひとりが清掃の持つ意味(清掃は点検なり!)を理解し、日常保全(清掃・給油・増締め)を徹底して、設備の災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロを目指しましょう。

タイトル :
『自主保全士の挑戦』

自主保全士取得をきっかけに職場が一体となって、前向きに自主保全活動に取り組んだ事例です。
自分が担当する設備の機能・構造、生産に関わる基本事項、改善・解析などの正しい知識を身に付けて、ぜひ自主保全士にチャレンジしましょう。