HOME > 自主保全士とは > 自主保全士の概要

自主保全士とは自主保全士とは

自主保全とは、生産システムの効率を高めるために、設備を使用するオペレーター自身が行う保全活動のことです。これにより生産効率を阻害するロスを排除し、またそのための改善活動を進めることで、設備をあるべき姿に保つとともに、設備に強い人づくりにつながります。

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会では、2001年度に「自主保全士」の資格認定制度を創設し、製造オペレーターに求められる知識と技能に関して、製造部門が受け持つ保全の一部の機能や管理技術を客観的に評価するための尺度を定めました。
それ以来、この評価尺度に基づき、検定試験および通信教育を通じて、「自主保全士」を認定してまいりました。

具体的には、以下に示す、自主保全に関する「4つの能力」ならびに、この4つの能力を支え、かつ補完するものとして求められる「5つの知識・技能」を兼ね備えた者を、”設備に強いオペレーター”であると認め、
「自主保全士」として認定しています。

自主保全に関する「4つの能力」自主保全に関する「4つの能力」

設備の自動化・高度化が進む中、オペレーターには「モノづくり」だけにとどまらず、『自分の設備は自分で守る』ことが求められています。担当する設備に関して、”これはおかしい!” と異常の早期発見を行い、故障や不良を未然に防いで最小限の損失に留めることが重要な仕事となります。また、自分で直すことができない場合でも素早く保全部門へ連絡し、不良や故障を未然に防ぐことが求められます。このためには、「異常をいち早く発見する能力」だけでなく、「異常に対して正しい処置が迅速にできる能力」、「正常/異常を定量的に判断できる能力」、「決めた基準をしっかり守ることのできる能力」が求められます。

自主保全に関する「4つの能力」自主保全に関する「4つの能力」

現場管理に関する「5つの知識・技能」現場管理に関する「5つの知識・技能」

また、自主保全に関する4つの能力に加え、現場管理に関する知識・技能(生産の基本、設備の日常保全、効率化の考え方とロスの捉え方、改善・解析の知識、設備保全の知識)をしっかりと身につけることにより、真に「設備に強いオペレーター」として、自分の担当する設備を自分で守り、維持と改善を進め、良い製品をつくり続けることができるようになります。

現場管理に関する「5つの知識・技能」現場管理に関する「5つの知識・技能」

自主保全士の意義自主保全士の意義

日本のモノづくりにおいて、オペレーターの質の高さこそがJAPANブランドを支える礎となっています。しかし、これまでオペレーターの知識と技能は、正しくかつ客観的な評価がなされてきたとは言い難いものでした。

このような状況の中、オペレーターのための資格として誕生した「自主保全士」の意義を、以下のように捉えています。

公平な評価公平な評価
企業内の主観的評価から、第三者の客観的評価に変わることにより、オペレーターの知識と技能が公平に評価される
必要な知識・技術の明確化必要な知識・技術の明確化
オペレーターが習得しなければならない知識と技能が明確化されることにより、学習意欲を刺激し、知識と技能の向上に貢献する
企業の競争力強化企業の競争力強化
高度な製造環境に対応できるオペレーターを数多く輩出することが期待でき、質の高い労働人口が確保されることにより、産業界(企業)の競争力強化を支援する

資格取得のメリット資格取得のメリット

自主保全士の資格取得の学習を通じて期待できる効果は、設備面や作業等のハード面だけでなく、技術・技能の向上や業務に対するモラール向上などの人材育成に寄与することが、大きな特長です。

  • 設備故障や品質不良などの早期発見・早期処置、潜在欠陥の抽出、復元によるロス発生の未然防止
  • 自主保全活動の活性化、ロス削減効果などの向上
  • 作業環境の改善と災害の減少 など

  • オペレーター自身の技術・技能の向上、レベルアップ
  • オペレーター自身の業務に対するモラール向上
  • オペレーターと保全員間の共通会話が可能となり、トラブル対応がスムーズに
  • オペレーターによる保全業務支援により、保全員の保全業務がさらに高度化など

(自主保全士を推進している企業担当者へのアンケート結果より)

機械保全技能検定(機械保全技能士)との違い機械保全技能検定(機械保全技能士)との違い

「機械保全技能検定」は、国が設備保全の重要性を認識し、工場や生産ラインに設置されている機械設備全体の故障や劣化を予防し、維持・保全する業務に必要な知識・技能を評価するものとして設けられた技能検定制度であり、合格すると「機械保全技能士」と称することができるものです。機械保全技能検定は、保全全般に関わる専門的な技術・技能を深く問う内容となっています。

一方、自主保全は、従来多くの企業がそれぞれの部門で持つべき保全の知識や技能ならびに管理技術を明確にすべく、社内の仕組みを構築してきました。しかし社外での尺度が存在しなかったことを受け、製造部門が受け持つ保全の一部の機能や管理技術について、日本プラントメンテナンス協会が独自に設けた資格認定制度です。

下図に示すとおり、生産設備全体の維持管理や保全という点では両者は同じですが、対象となる機能や人、ならびに問われる知識・技能の深さが異なります。つまり、自主保全士で扱う保全とは、主に「日常保全を行う上で必要な」保全に範囲が限定されており、具体的には、点検管理のポイントがわかり、簡単な部品交換ができる程度の知識が問われています。 これらの検定あるいは資格を、教育体系や個人評価にどのように位置づけ、取り扱うかについては、企業や工場の方針、教育の考え方、モノづくり上の課題等を考慮して各自で検討していただく必要があります。

  自主保全士認定
(「自主保全士」)
機械保全技能検定 <詳しくはこちら>
(「機械保全技能士」)
位置づけ 民間資格(主催:公益社団法人日本プラントメンテナンス協会) 国家検定(所管:厚生労働省)
職業能力開発促進法に基づく
対象 製造部門の一般・中堅製造技能者・ 
チームリーダー・初級製造監督者
設備保全業務に関わる方
(主に保全・工務部門)
適用範囲 製造部門が行う日常保全の範囲
および関連する管理業務全般
設備保全に関する知識および
技能全般
特徴 ・日常保全の範囲
(自主保全の業務、基礎技能等)
・生産(安全、品質、工程管理、労務等)、効率、改善などの現場管理全般
・設備保全に関するすべての範囲(機械、電気、機械保全法、材料、安全衛生他)

自主保全士の取得方法はこちら自主保全士の取得方法はこちら

「自主保全士基本ガイド」の公開「自主保全士基本ガイド」の公開

自主保全士は、2001年に創設されて以来、多くの企業において人材育成の一環として広く受入れられ、検定試験受験者と通信教育受講者は累計で約20万人、認定者数も約12万人となりました(2014年度末時点)。
このように本認定制度は、これまで多くの企業の方々に高い評価をいただいております。
しかし、この数字もわが国製造業に従事する就業者数の数%にすぎません。
このような状況を鑑み、今後さらに多くの企業の方々に、人材育成や技能評価の一助としてこの認定制度を活用していただけるよう、検定試験や通信教育の基礎となる基本理念や制度運用上の基準をまとめた「自主保全士基本ガイド」を作成いたしました。
この「基本ガイド」が、自主保全士認定制度のさらなる普及の契機となるとともに、わが国製造業の現場力向上の一助になれば幸いです。
なお、この「基本ガイド」は、製造を取り巻く内外の環境の変化や企業ニーズ、製造・保全に関わる技術・技能の発展などに応じて、定期的に見直しをする予定です。これにより、「実践に役立つ」資格認定制度として、継続的にご活用いただくことをねらいとしております。

 「自主保全士基本ガイド」(PDFファイル) 「自主保全士基本ガイド」(PDFファイル)

マンガでわかる自主保全士のすすめマンガでわかる自主保全士のすすめ

認定機関である公益社団法人日本プラントメンテナンス協会とは認定機関である公益社団法人日本プラントメンテナンス協会とは

  • 自主保全士とは
  • 自主保全士の概要
  • 自主保全士の取得方法
  • 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会の紹介

初めての方へ

よくあるQ&A

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会

自主保全機能検定を知る

関連サイト

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会