お知らせ

企業での活用事例をご紹介します(リョービ 広島工場)

2018年8月6日

企業での活用事例として、リョービ株式会社 ダイカスト本部 広島工場の活動をご紹介します。
詳しくはこちらをご覧ください。

2018年6月の認定試験の合格者が発表されました

2018年7月13日

2018年6月に実施された認定試験による認定者を公開いたします。

この認定試験は、当会が実施している通信教育「自主保全士コース」の添削指導(全5単位)を修了された方を対象に在宅方式で実施しているもので、この認定試験に合格することで当会より「自主保全士」として認定いたします。

今回の認定試験では、1級 361人、2級 499人の方が合格されました。
合格者の受講番号は、こちらのページからご覧いただけます。

また、小会発行の月刊誌「プラントエンジニア」2018年9月号(8月27日発行予定)には認定者の受講番号と氏名を掲載いたします。

次回の認定試験は、2018年7月末日までに添削指導を修了された方が対象となり、2018年9月に実施の予定です。試験対象となる受講者には8月下旬に認定試験問題が送付されます。

2018年度 自主保全士検定試験 団体申込み用受験者名簿フォーム(Excel)のダウンロードが可能になりました

2018年6月1日

2018年度 自主保全士検定試験 団体申込み用受験者名簿フォーム(Excel)のダウンロードが可能になりました。

 

◎団体申込み用受験者名簿フォーム(Excel)はこちら

サイトをリニューアルしました

2018年6月1日

この度、自主保全士認定制度のウェブサイトを全面的にリニューアルいたしました。
情報をよりわかりやすくお伝えできるウェブサイトとなるよう、レイアウトやデザインを改善いたしました。

今後もわかりやすく使いやすいウェブサイトを目指し、内容の充実を図って参ります。

2018年3月の認定試験の合格者が発表されました

2018年4月13日

2018年3月に実施された認定試験による認定者を公開いたします。

この認定試験は、当会が実施している通信教育「自主保全士コース」の添削指導(全5単位)を修了された方を対象に在宅方式で実施しているもので、この認定試験に合格することで当会より「自主保全士」として認定いたします。

今回の認定試験では、1級 562人、2級 637人の方が合格されました。
合格者の受講番号は、こちらのページからご覧いただけます。

また、小会発行の月刊誌「プラントエンジニア」2018年6月号(5月27日発行予定)には認定者の受講番号と氏名を掲載いたします。

次回の認定試験は、2018年4月末日までに添削指導を修了された方が対象となり、2018年6月に実施の予定です。試験対象となる受講者には5月下旬に認定試験問題が送付されます。

2018年度 自主保全士検定試験の概要と受験案内を公開しました

2018年4月2日

2018年度 検定試験の概要はこちらをご覧ください。
2018年度 受験案内はこちら(PDF)をご覧ください。

2017年12月の認定試験の合格者が発表されました

2018年1月23日

2017年12月に実施された認定試験による認定者を公開いたします。

この認定試験は、当会が実施している通信教育「自主保全士コース」の添削指導(全5単位)を修了された方を対象に在宅方式で実施しているもので、この認定試験に合格することで当会より「自主保全士」として認定いたします。

今回の認定試験では、1級634人、2級846人の方が合格されました。
合格者の受講番号は、こちらのページからご覧いただけます。

また、小会発行の月刊誌「プラントエンジニア」2018年3月号(2月27日発行予定)には認定者の受講番号と氏名を掲載いたします。

次回の認定試験は、2018年1月末日までに添削指導を修了された方が対象となり、2018年3月に実施の予定です。試験対象となる受講者には2月下旬に認定試験問題が送付されます。

年末年始休業のお知らせ

2017年12月28日

誠に勝手ではございますが、当会では下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申しあげます。

休業期間:2017年12月29日(金)〜2018年1月8日(月)

※2018年1月9日(火)より通常業務となります。

認定者および成績優秀者発表のアクセス集中について

2017年12月5日

12月4日に、2017年度自主保全士検定試験の認定者および成績優秀者を当サイトにて公開しましたが、 アクセス集中により閲覧できない事象が発生しました。
ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。

現在は、閲覧可能な状態ですが、一度に多数のアクセスが集中した場合、再度閲覧できなくなる可能性がございます。
その際は、お時間を空けて、再度、アクセスいただきますようお願い申しあげます。

今後は、同様な事案が発生しないように対策を進めて参ります。